手描き京友禅 藤に蝶柄|丸昭株式会社 京染呉服製造卸

手描き京友禅 藤に蝶柄
2014年4月21日(月)

ホームページに掲載しております、藤に蝶柄の訪問着の御紹介です。

桜の花が終わり

日々日々

花の景色が移ろいゆき、つぎは藤の花の季節です。

着物の地色ははんなりピンク

春から初夏の風にたおやかに揺れる藤の花と可憐な蝶が

何か良い兆しを運んでくるイメージを手描き京友禅で施しております。

お召しになる方を

少し控え目ながらも麗しく上品に演出してくれる訪問着です。

藤に込めらた花言葉は 

恋に酔う、ようこそ美しき未知の方、佳客、歓迎、あなたを歓迎します、決して離れない。

そして蝶には

卵から蛹そして美しい蝶と姿をかえて

かろやかに舞う様子から吉祥文様になります。

きものに込める美しい文様に隠された意味を紐解きながら

きものを眺めてみたり纏ってみたり・・・

さあ、幸運を呼び寄せる蝶になってみてはいかがでしょうか・・・